2011年4月8日金曜日

新品パネルの塗装

今回は、新品パネルの塗装について書きます。

皆さんは新品のフェンダー・ドアなどを注文すると、

最初から塗装してあると思っている方が多いと思いますが、

バンパー・プロテクターなどのプラスチック類は塗装済みの物

も有りますが、フェンダー・ドアなどの鉄のパネルは塗装してません。



塗装屋さんが調色して、塗装します。



そこで大雑把では御座いますが、新品ドアパネルについて説明します。



新品パネルを部品屋さんに注文すると


皆藤塾


皆藤塾

こんな状態で届きます。



皆藤塾

新品パネルにヘコミが無いかチェック



黒く塗装して有りますが、なんて言う塗装か分りませんが、

あまりいい塗装では無いそうです。



あまりいい塗装ではないと言う事でサフェーサーを塗ります。




皆藤塾

右手に持っている赤くて丸いエアーツールがダブルアクションサンダーです。

これで足付けします。


皆藤塾

足付け完了!

塗装が剥がれないようにキッチリ!



皆藤塾

シリコンオフで脱脂し、サフェーサーの塗装


皆藤塾

サフェーサー塗装後、短波で乾燥させます。



新品パネルにサフェーサーの塗装をしていないボディーショップが

まだまだ沢山あると思いますが、サフェーサーは塗装した方がいいです。



サフェーサーの塗装をしないと、私のわかる範囲ですが、

・塗膜の老化が早い

・艶引け

ブリスター(ふくれ)が出やすい

・層間剥離しやすい

になる可能性があります。



このブログを見ている貴方が修理を依頼しているボディーショップでは、

サフェーサーの塗装をしていますか?


一般の方には細かいところまで分らないと思いますが、

きちんと修理してくれるショップに依頼しましよう


貴方の大切な愛車が大変な事にならない為に





この続きの行程は次回

0 件のコメント:

コメントを投稿