2012年8月10日金曜日

お店選び   茨城県稲敷市 BodyShopKaito





2つの画像をご覧になって。どう思われましたでしょうか?

この仕上がりで満足でしょうか?



上2枚は、晴れた日に撮影した画像です。
マッド塗装では御座いません。
普通のダークグレーメタリックです。


パッと見、画像ではそんなに悪くないんじゃない?と思われるかも知れませんが、
現物はザラザラ・ボコボコの塗装です。



お客様は車をぶつけられて、知り合いの板金塗装工場にお車の修理依頼をして、
完成の連絡を受け車を引き取りに行ったところ、このような残念な仕上がりになって
おりました。

この品質にもちろん納得いくわけがなく、やり直して欲しいとクレームを付けるが、
クレームを受け付けて貰えず困っていたところ、当店のHPをご覧になって、当店
にご来店下さいました。

お客様はどうにかぶつけられる前の、綺麗な状態に戻したいと、依頼して下さいました。



補修作業内容


あまりにも塗装の肌が荒れていたので、ダブルアクションサンダーで、塗装肌の凸凹を
研ぎ落としサフェーサーで下地を綺麗にしようと作業方法を決定しました。

ダブルアクションサンダーで、塗膜を削っていると、ペーパーに塗膜が絡みました。
これは塗膜の硬化不良だ!と思い塗装面にシンナーを浸したペーパーウエスを
置くと・・・




塗膜が溶けてしまいました

塗料に対しての硬化剤が適正量入れないと硬化不良のトラブルが起こります。

年配の塗装屋さんは、計量器で計らず適当に入れる方もいます



塗膜の硬化不良の場合塗膜を落さなければなりません。

缶スプレーで自家塗装された場合も同作業又はシールします。

シンナーで落とします

忍耐の作業です



塗膜を落とし、ダブルアクションサンダーで面を綺麗にし、サフェーサーでシールします。

(シンナーだけでは多少塗膜が残ってる場合が御座いますので、ペーパーかけをします)

剥離材で鉄板むきだしにする作業法方も御座いますが、
無難に地道にペーパーウエスにシンナーを掛け落としました。

これで下地の完成です。



バンパーも付属パーツをはずし同工程の作業




上塗り・組付け 完成



綺麗に仕上がりました。空の青と雲が映ってます。

お客様にも大変満足して頂きました。


上・下の画像共に晴れてる日に撮影しました。

上画像これが普通だと思います






補修前画像


綺麗に塗装された画像と比べると、艶が違います。


今回の様なケースそんなに珍しい話ではないと思います。



知り合いだからとか、近くの板金塗装工場だから、
といった理由で修理の依頼をしていませんか?

病院と一緒でキズ・ヘコミ修理も選ぶ時代です。


私たちは技術職です。

塗装屋さん、板金屋さん一人ひとり、工場によっても技術力が違います。


          腕のいい工場を見つけるのは難しいとは思いますが、
知人・友人・ネットなどで、調べて価格・品質、自分の意思を伝え、
          修理の依頼をされた方がいいと思います。

茨城県稲敷市      BodyShopKaito



0 件のコメント:

コメントを投稿